英語を基礎から勉強し直して英文添削を最終目標に

英語を基礎から勉強し直して英文添削を最終目標に

実は今、仕事で必要になって英語をまた勉強している。

そうペラペラ話せるようになるとか、難しい文章が分からないと駄目ということはないが、学校を出てからずっとやっていなかったので正直かなり忘れている。

そこでとりあえずラジオでやっている英語講座なんかを聞いてみることにした。

あのへんは中学生とか向けだからさすがに楽勝だと思っていたんだが…。

聞いてみたら全然分からない。

何か聞いたこともないような言い回しするし、講師の人の英語も所々しか聞き取れない。

それでさすがにヤバいと思ってしっかり勉強をしなおすことにした。

それでとりあえず職場の近くの英会話スクールみたいな所に入ってみた。

自分の場合は基本的な文法からやり直していて、会話も易しいところからスタートだ。

後になれば英文添削みたいなこともするらしいが今の実力ではいつになるやらという感じもする。

しかし、中学や高校の頃は英語は別に苦手でもなかったのでしばらくやっていれば感覚も取り戻せると思う。

別に通訳とか翻訳を目指しているわけでもないしちょっと時間を使えば大丈夫だろう。

その英文添削なんてのは最終目標としてとりあえず基礎から頑張りたい。

親戚の子の英文添削はメールで

今僕は、親戚の子の家庭教師をしている。

その子は来年大学受験で、ちょっといいところを狙っている。

しかし英語が苦手なので僕に教えてほしいときたわけだ。

こう見えても僕は仕事で英語を使っているし、昔から英語は得意だ。

ただ、こっちの都合もあって平日の夜にはなかなか行くことができない。

それで週末に直接教えて、平日には英作文の課題を出してある。

できたら答えをメールでもらって、僕が英文添削をして返すという格好だ。

ちょうどそこの子も文法よりも読解や英作文がやりたいということだったので都合がいい。

しかしこういうやり方をしていると今はとても便利でいいと思う。

基本的にメールのやり取りだからお互いに時間の節約にもなる。

今はスマホでメールのファイルを開くこともできるから仕事の休憩時間にちょっと見て返信するようなこともできる。

自分が英語を教えてもらったときはこんな便利なシステムはなかったから、普通に塾へ行って先生と直接やり取りをした。

課題をやっているときに何か疑問があってもすぐに聞けないので自分で調べたり、質問をまとめておいて後で聞くようにしていた。

それが今はメールだから親戚の子も分からない事があるとすぐにメールで聞いてきたりする。

ネイティブな英文添削で学ぶ

英文添削にしても違う所の文字の色を変えたりもできるし本当に便利な時代になったなと思う。